性病に感染してしまって焦っている男性の画像

あなたは性交時、性病には気を付けていますか?性病の中には感染しても症状に気づきにくいものがあります。感染している事に気づかないからこそ、感染者はどんどん増えていくのです。当サイトで性病の怖さについてご紹介します。

2016年06月の記事一覧

膀胱炎は性病なのか相談してみよう

性病は、性感染症とも呼ばれ、セックスをすることで感染する病気だとされています。特に有名なのはエイズですが、それ以外にもさまざまな性病があります。淋病や梅毒、クラミジア、性器ヘルペス、コンジローマ、トリコモナス、軟性げがん、カンジダなどがあり、症状もそれぞれ異なります。陰部から陰部へと感染する場合がほとんどですが、口や体液を介して感染することもあるので、十分な注意が必要となります。また、膀胱炎も性病の一種とされることがあり、これはセックスが原因で膀胱炎になる可能性があるためです。これは、女性の尿道が男性よりも短く、肛門や膣などに近い場所にあるため、菌が入りやすくなっているからだとされています。そのため、性行為の際にはコンドームを着用したり、セックスをする前後にはきちんと陰部を洗うことが重要です。膀胱炎の症状は、残尿感やトイレが近くなること、排尿時に痛みを感じたり、まれに血尿が出る、といったものが挙げられます。こういった症状が現れた際には、膀胱炎である可能性があるので医師などに相談すると良いでしょう。女性は特に膀胱炎になりやすく、セックス以外の要因も原因となることが多いです。これは、生理中や妊娠、出産時に血液など菌が尿道に入りやすいためもあり、構造上仕方のないことだとも言えます。また、ストレスや過剰なダイエットにより免疫力が低下しているときにこういった性病にも罹りやすくなってしまうので、心身ともに健康的でいるようにすることも性病を予防する際には大切なことだと言えます。性病のほとんどは適切な治療を行なうことで、改善するため、恥ずかしがらずに診察や治療を受けることが早期治療の要だとされています。

続きを読む